Kubernetesでもバックアップは必要?

WEBセミナー概要:

日時: On-Demand
所要時間: 4620秒​

セミナー内容:

コンテナは、アプリケーション開発の高速化に役立つため、データセンターとクラウドの両方でアプリケーションを実行する新しい方法となっています。コンテナは当初はステートレスなアプリケーション向けに設計されていたかもしれませんが、新しいアプリケーションを高速化するその能力から、企業はコンテナ内でステートフルなアプリケーションを実行し始めてます。こうしたステートフルなアプリケーションにはデータ保護が必要です。

CommvaultContainer Storage Interface (CSI) を介してKubernetesとネイティブに連携することができます。これは、Kubernetes認定ディストリビューションを実行している限り、Commvault がアプリケーションを保護できることを意味します。また、既存のオンプレミスのストレージ ソリューションとクラウド プロバイダー間でデータを移行する柔軟性も提供します。

本セミナーではKubernetes 環境のデータ保護についてご紹介します。

コンテナ環境におけるデータ保護について
Commvault による Kubernetes のバックアップについて
バックアップを使用したユースケースについて

登録
Kubernetesでもバックアップは必要?

Commvaultはお客様のプライバシーを尊重し、第三者とお客様の情報の共有は行いません。弊社の個人情報保護方針はこちらから